〒030-8520

青森県青葉3丁目13番地40

☎017-762-5001

教育目標

勉学での充実から、あらゆる分野での実績を伸ばします。

青森山田中学校は、県内中等教育の一層の多様化を推進するため、県内初の 私立中学校として平成13年4月に人間性重視のゆとりある中高一貫教育を目指し開校しました。中学校・高等学校の全教育課程を系統的に分析・整理して学習し、 21世紀に活躍する国際人としての知性、個性を育て、やさしさと礼節をあわせ持つ人間教育を行ないます。

青森山田が目指す教育重点目標

学力向上の推進

  • 社会の変化に対応できる確かな基礎学力を身につけさせる
  • 家庭学習、自主学習の習慣化
  • 課題をみつけ、自ら学び、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力の育成
  • 豊かな心を育み、地域や社会で愛される人間づくり

部活動の推進

  • 正しい生活習慣を身につける
  • ルールやマナーをしっかり守る
  • 集団の和を乱さない協調性の育成
  • 学校生活向上への意欲を高める
  • 競技力や特技の向上
  • あいさつなどの礼儀や感謝の心を学ぶ
  • あきらめないでやりぬく力を育てる


コースも新たに生まれ変わります!

特進コース

目指せ難関大学合格!志望校への夢をかなえるコースです。週34時間以上の授業時間を確保したカリキュラムで、本質的な理解を目指した授業を展開します。中高一貫のメリットである先取り学習を行い、一人一人の生徒の能力や個性を見極めながら徹底した実践演習を実施します。

普通コース

昨年度までの「スポーツコース」が、今年から「普通コース」に変わります!学校生活を通して、特技を伸ばしたい!夢を見つけたい!部活動も頑張りたい!など自分自身の可能性を引き出すコースです。

「文武両道」を目指し、この大切な時期に、より多くの知識と教養を身に着け、社会を生き抜くための力を見につけながら、一人一人の個性を伸ばします。

学びのポイント

基本的生活習慣の確立 ~生活記録ノートの活用~

我が校では、時間を守ること、規則正しい生活を送ることに加えて、一つのことを毎日やり抜くチカラと心を育てるために「生活記録ノート」を活用しています。

その日の授業の内容や、その日行った家庭学習、一日の出来事を記録して、毎朝提出します。それを担任がチェックしコメントを書きます。

「生活記録ノート」は学習の確認と共に、先生と生徒のコミュニケーションをとるための大切なツールにもなっています。普段なかなか口には出して言えない悩みや迷いも、このノートに書くことで気持ちの整理ができ、解決の糸口も見つけられます。毎日続け、習慣化することで子供たちの成長の糧となっていきます。

画像:基本的生活習慣の確立 ~生活記録ノートの活用~

学習習慣の定着 ~基礎力から応用力へ~

1年生から「正しい学習習慣」を身に付けるため、授業に取り組む姿勢や予習復習の方法を徹底して教えます。特に、中学時代に必要な漢字力・英単語力・計算力の定着を図るため、「漢字テスト」、「英単語テスト」、「計算力テスト」を毎月二回実施しています。

回を重ねるごとに、「やればできる自信」と「次なる課題にチャレンジする意欲」が生まれ、たくさんの生徒が次のステップとなる「漢検」「英検」「数検」に挑戦し、スキルアップを目指しています。

特進コースの7時間目では、積み残しの無い基礎力はもとより、将来を見通した大学受験に必要な応用力を磨きます。たくさんの課題に挑戦することで、十分な学力を持って高校へとつなげていきます。

部活勉強会の実施 ~文武両道を目指す!~

部活動に所属している生徒のほとんどは、「プロを目指す」、「見本のトップで活躍する」という思いで、厳しい練習に打ち込んでいます。中にはその競技を極め「一生の職業」にしたいという夢を持つ生徒も少なくありません。しかし、本校では、そういう生徒であっても、まずは「学問」を優先させます。毎日出される課題や宿題はもちろん、小テストや定期テストで点数が取れないときにあ。合格するまでとことん挑戦させます。

また、ゴールデンウィークや長期休みには部活ごとに教室を貸し切り、学力向上のために自主学習を行っています。苦手分野や積み残している分野を休み中に克服することで、授業での遅れをなくし、自信や向上心を持つことができます。